エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

うつの状態をイメージ連想という視点で考えると。。。

 

 

催眠を研究している門前進さんのイメージ体験についての研究を読むと、うつ状態っていうのは個人の心の中でイメージの連想が途切れてしまった状態なのではないかと考えさせられます。

「おれはもう終わりだ」と人が頭を抱えてしまう時に、その人の中で人生が行き詰まり、解決イメージ(つまり次のステップ)が無く途切れてしまっているといえます。

受験の失敗、就職の失敗、失恋などで次のステップが見えなくなった時に人はうつに陥りやすいといえます。
あらゆる方策を試みてついに万策尽き果て希望を無くしてしまった人はどうすればいいと思いますか?

門前進さんの研究を参考にするなら次なる解決イメージを得てイメージが次々と連想されるようになることがキーワードなのかと思います。

そして解決イメージを得るには、圧倒的に必要なのが

情報

です。

解決の為の情報が無いから人は行き詰まるんです。だから解決の為の情報をあちこちから仕入れるのが、イメージの行き詰まりを脱出する第一歩です

 

インターネットはその為の大きな武器になります。

何かを検索する時も、あらゆるワードを複合的に入れてみましょう

ヤフーだけでなくグーグルでも検索してみましょう

気になった情報に連なる情報をサーフィンしてみましょう

 

必ず脱出する突破口は見つかります(*´∀`)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメントを書く







コメント内容


2012-11-02