エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

もし自分が発達障害と知らずに大人になったら、、、

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。

お気軽にお問い合わせください。

 

「もし自分が発達障害と知らずに大人になったらこうなる」というビデオがニコニコ動画に挙げられていました。

 

監修を奈良県立医科大学の飯田順三先生が行っていて、大変分かりやすいビデオになっています。

 

 

鈴木くんが、自分に似すぎていて愕然としたという人も多いのではないでしょうか?

 

発達障害についての知識も大分一般的になりましたが、ここで私が知ってる限りで大まかに説明すると、、、

 

①学習障害(LD、learninng Disabilities)

全般的な知的発達に遅れはないが、読む、書く、計算する、推論する、手で物を操作するなど、様々な知的機能のうちの一部に困難が認められるもの。

 

 

②注意欠陥他動障害(ADHD、Attention Deficit Hyper activity Disorder)

不注意症状→集中力が無く気が散りやすい。

多動性→身体をじっと落ち着かせる事ができない。

衝動性→順番を待てない。考えずに発言するなど

以上の特徴が強く出過ぎて社会適応に困難が生じる場合に診断されます。ADHDの児童は以上の特徴の為に失跡ばかり受けていると徐々に2次障害的に社会への反発を抱いて成長することもあります。

 

 

③アスペルガー障害

知的発達に遅れは無いが対人コミュニケーションや共感性を司る認知に偏りがあり、対人関係をうまく気づけないなどの問題が生じるときに診断される事が多い。以下の特徴が見受けられます。

 

「対人関係の困難さ」→他者と対人関係を結ぶのが苦手です。目線が合わなかったり、場にふさわしくない言動や表情をするために相手に不自然な印象を与えてしまうこともあります。社会的なルールの理解や、場の空気を読む、相手の気持ちを理解することなどが難しく、対人関係を上手に築けません。

 

「共感性の困難さ」→これは性格が冷たいということではなくて、「相手の心情を相手の立場になって想像して認識すること」が苦手であるため、場にそぐわない言動をしてしまったり、相手を傷つける言葉を悪気はなしに言ってしまいトラブルになることが多いです。

 

「限定された興味やこだわり」→ある特定の対象に強い興味を持ち熱中しますが、それ以外のものには全く興味、関心が向けられないことが多いです。また、規則的な行動にこだわり、決まった道順、決まった手順、決まった日常習慣などがあり、このような本人が決めたルールを変えることを嫌います。

 

 

こういった特徴が強く出過ぎて社会生活に著しい困難が出るときに初めて発達障害として診断されます。

 

大人になって自分の特徴を知って初めて対人関係や勉学が上手く行かない理由を知って楽になったという方もいれば、

 

発達障害という呼び方にショックを受ける方もいるかもしれません。

 

最近はネットスラングでみんな容易に

 

コミュニケーション障害→コミュ障

 

などと言ったりするので言葉に関する感性は鈍感になってきているのかなとも感じます。

 

大事なのは上記のような発達に偏りを持つ人は、苦手なものはずっと苦手で、性格も変わらず、コミュニケーションも取れないままなのかというとそれは違うということです。

 

いわゆる定型の発達を歩む方と同様に特徴的なやり方で、才能や個性を伸ばしたり、人の気持ちを理解できるように成長したり、個性的なやり方で対人関係を築くやり方を身につけたりします。

 

もちろん社会適応に失敗して引きこもりやうつ状態に陥る事もあるかもしれませんが、それは一般の方も何ら変わりはありません。

 

私もアスペルガー症候群のチェックリストをチェックすると大分当てはまる項目があるので、そういう要素があるのかもしれません(;´∀`)

 

大事なのは長所も短所も含め自分の特徴をよく知ることがスタートライン!

できれば「私はこうだから」という固定観念を捨てて苦手なことにチャレンジしてみる!

これ成長の第2段階!

私もできてないですけどね(;´∀`)偉そうに言ってみました

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。

お気軽にお問い合わせください。

 

コメントを書く







コメント内容


2016-08-03