エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

アンガー・マネジメント〜怒りを昇華させる

 

0928_01_2

 

 

 

 

最近、自分の心を振り返ってみて、日常生活の人間関係の些細な事で人を嫌いになったり、怒りをためている自分に気付きました

 

 

怒りの処理というのは本当に難しいものですよね

 

 

ただ我慢をすればいいというものではないし、かといって攻撃されたらやり返すということを繰り返していては日常生活の人間関係は成り立たなくなります

 

何より喧嘩ばっかりしていては、いつかひとりぼっちになってしまいます

 

まずは自分が怒りの炎に巻き込まれないように、

 

なぜ怒りがわき起こるのか冷静にその状況を観察して、

 

自分に反省して変えなくてはいけない部分があるのか、

 

それとも相手や周りの環境に何らかの働きかけをしないといけないのかを見極めないといけません

 

 

しかし、、、

 

 

そんな冷静に見極められるならこの世に戦争や争いごとなど起きるはずないですよね。。。

 

 

みんなそんな事は頭ではわかっていても、感情の問題は論理だけでは解決できない事がほとんど

 

だから怒りの処理にはもっと身体を使ったものや、より感情の発散に焦点を当てた技法も必要になります

 

コラージュ療法や箱庭療法の箱庭の中にはしばしば怒りがテーマになった作品が見られることがあります

 

 

こういう芸術作品の中で怒りを別の文化的な、本人にとって破壊的でないやり方で表現していく事ができれば怒りのエネルギーを創造的なものに昇華させていく道筋を付ける事ができます

 

私がとても尊敬しているダンサーのひとりにisoppさんという人がいます

 

彼は10代の頃は、ヒップホップの格好をしている自分を認めてくれず、単なる不良扱いする社会や周りにものすごい怒りをもって生きていたといいます

 

 

だけど彼はその怒りのパワーを全部ダンスに注ぎ込んで、自分の誇りとして誰にも胸を張れる素晴らしいパフォーマンスとして昇華させました

 

 

時に怒りは人に素晴らしいパワーを与えるものでもあるんですね
彼のパフォーマンスはこちら↓

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリング、催眠療法、自律訓練法の指導等にも対応します

 

ブログランキングにクリックお願いしま〜す(*´∀`)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

コメントを書く







コメント内容


2013-07-31