エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

エルダ流自律訓練法のメソッド〜第1公式、第2公式

 

今回は自律訓練法のやり方です

自律訓練法は催眠の研究者であったシュルツ博士が、催眠療法でトラウマの解消をしたりといった特別なやり方をしなくても、催眠状態という「言葉の暗示に反応しやすい心身ともにリラックスした状態」そのものが人の健康度を上げるという観察から編み出したもので、自分で自分に暗示をかけて催眠状態を作る方法の事です

深い催眠状態に入りやすい被験者にはある特徴的な身体感覚が共通して起こっている事をシュルツ博士は報告しています。それは自分の腕や脚が極限までリラックスすることにより感じる「重感」や、そのことにより血流量が増す事による「温感」です。
オーソドックスな自律訓練法のやり方は非常に煩雑な手順を踏むので忙しい現代人に合わない側面もあります。

また単純に「重い」とか「温かい」という暗示を繰り返す事に飽きて続かない人がほとんどです。

ここで紹介するのは自律訓練で目標とする変成意識状態(意識、感覚が変容して心地が良く言葉の暗示によく反応する状態)を作る為のエルダ流自律訓練法です。

リラックスして行なえるのであれば椅子に座って行なってもよいし、寝て行なってもよいです。

 

 

1.手足の重感覚「地球の重力を感じてみよう」の巻(*゚∀゚*)

手足をリラックスさせて普段は意識することの無い手足の「重み」をじっくりと感じてみましょう。

そしてその重みが感じられたらさらに心の中で

「手足がどっしりと重たい」

とつぶやいてみましょう。

感覚が敏感になってさらに手足の重量感を感じる事ができると思います。

たとえそれが感じられなくても何となくそんな気がするかな?くらいでこだわらず先に進みましょう。

私たちは普段、絶え間なく地球の重力を受けて生活しています。その地球の重力が今も自分の身体にどっしりと作用している事を感じてください。

あなたの身体の重みの中心と地球の中心が結ばれてることを感じましょう。息を吐くたびに身体はどっしりと重く地球の中心と結ばれていきます。

 

 

2.手足の温感「身体の中で起こってる化学反応を感じてみよう」の巻(*゚∀゚*)

動物は食物を体内で化学分解することにより発生する熱が体温の源となっています。このように発生した熱によって温められた血液等の体液が血管などを通じて全身に循環することで生物は熱を持つこととなります。

暑ければ発汗して体温を下げ、寒ければ体内の脂肪や糖を燃焼させて熱を作り出します。

これらは全て自律神経によってリモートコントロールされています。

 

あなたが嬉しいときも悲しいときもあなたの身体はあなたを支える為に日々絶え間なく活動してくれています。

自分の身体の心地よい暖かさを感じてみましょう。

暗示語は

「手足が気持ちよく暖かいです」

あなたの手足、身体の中で起こっている化学反応を感じ取ってみましょう。

 

以上の2公式を1日に1回寝る前に練習してください。慣れて来たら普段の日常生活の中で意識してその状態作ってみてください。熟練すると街中の雑踏の中でも一瞬でその状態に入る事ができるようになります

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリング、催眠療法、自律訓練法の指導等にも対応します

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

コメントを書く







コメント内容


2012-11-08