エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

セルフ・エスティーム

 

セルフ・エスティーム

というのは自尊心(じそんしん)などと訳されますが、心理学では自分に対する肯定的な態度のことをいいます

 
人がポジティブな気持ちで物事に取り組む上で土台となる、大切な感情でもあります
もう少し分かりやすく言えば
自信
ともいえるかもしれませんね

 

この自尊心はどうやったら高まるのでしょうか?

 

 

 

 
一般的には自尊心を高めるのは

 

成功体験

 

であるといわれています

 
私もそうだと思います
人生の中で何かひとつでも頑張って、たとえ小さな勝利でも何かにトライして成功した
そういった経験を積み重ねることが本当の分厚い自尊心を作る方法ではないかと思います

 
成功体験かあ~(゚Д゚)

 
とはいっても、スポーツにしろ、勉強にしろ、

 

たったひとつの成功体験でさえ、この社会で叶えるのは並大抵な事ではありません

 
自分では一生懸命がんばったつもりでも、ちょっとした頑張りなんて周りは誰も認めてくれません

 
インターハイで優勝して学校ででかでかと垂れ幕が下がるとか、ビジネスで成功して雑誌にインタビュー記事が乗るなんていう人はほんの一握りです

 

 

 
あるマンガがあります

 
いま日本一の格闘漫画「グラップラーバキ」の原作者である板垣恵介さんが出した新作

 

photo02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
「謝男(シャーマン)」

 
人を拝むことを生業(なりわい)とする

 

拝家(おがみけ)のある男が教師になるという設定です
その男はあらゆるものに感謝して

 

土下座

 

をするという設定で

 
先生になっても生徒に向かって土下座をかますというかなりファンキーなキャラクターです

 

その拝み先生のクラスのある女子生徒の話

 
その生徒は朝、起きるのが大変な苦痛でたまりません

 
朝は重力が起きてるときの5倍なんだ
それなのに意気地(いくじ)は起きてるときの半分もない

 
そんな中であの温かい布団から起き出して登校するなんてそれが何て苦痛なんだ、と

 

それでも自分は毎朝、頑張って登校している

 

いつも遅刻しているけど

 

授業に間に合わないほどの遅刻ではないようにしている

 

でも、そんなのは、誰も認めてはくれないんだ

 

……..そんなことは自分も分かっている(´・ω・`)

 
自問自答しながら女子生徒が校門につくと、そこに拝み先生が正座をして待っています
「いやはやたいしたものだ」

 

 

「学校が始まってから君は一日たりとも変わることなく、この時間に校門についている。」

 
「遅刻は必ず1分以内に収めている!」

 

 

「君のその登校への情熱に、、、」

 
「ありがとう!!!」(土下座)

 

 
その瞬間、生徒の目に大粒の涙が、、、

 

 

あ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああ

 

 

ほんの小さな努力に過ぎないけど、、、、
それを知って認めてくれる誰かがいる!

 

 

それがどんなにその人に力と喜びを与えるかというお話です

 

 

 
これはもちろん漫画の話
でも大切な事ですよね

 

「自分の頑張りを誰かが知っていてくれる」

 

それが人にとってどれだけのエネルギーを与えてくれる事か。。。。

 

 

 

そしてここからがもっと大事な事ですが、

 

他人の存在に肯定的でいられる人は、自分自身にも肯定的でいられるということです

 

 

心当たりありませんか

 

 

いつも周りの他人や社会の文句ばっかり言って、

 

ちっとも楽しそうな人生を送っていないように見える人がいないでしょうか?

 

他人というのはある意味、

 

 

合わせ鏡の自分自身でもある

 

 

という考え方があります

 

 

確かにこの世の中は首をかしげるような出来事が多すぎますが、

 

この世のネガティブ側面に目を向けて文句や愚痴を言うのにエネルギーと時間を使ってると、

 

いつの間にか自分の人生自体がネガティブなものに感じられてくるのです

 

 

くそったれな世界にいるあわれな私

 

 

にならないように、

 

 

いろいろ嫌な事あるけど人生って捨てたものじゃない。。。

 

 

 

そう感じられるように、本当に大切な自分自身の人生を進める行動に意識をフォーカスして

 

時間とエネルギーを使いましょう

 

他人を肯定的に捉えて、自分の人生を自分なりのペースで頑張る

 

それこそが一番のセルフ・エスティームを高める方法だと思います(´∀`)

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。
沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリングにも対応します 

コメントを書く







コメント内容


2015-07-19