エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

パニック障害の過呼吸への対応

 

パニック障害でよくみられる症状のひとつに過呼吸があります

過呼吸とは呼吸が浅く早くなり過剰に呼吸をしてしまうことです。

 

 

医学博士で臨床心理士でもある磯辺潮先生の「パニック障害と過呼吸」からそのメカニズムについての記述を引用します。少し長いですが引用します(;´∀`)

 

「血液中の酸素は、赤血球の成分であるヘモグロビンとくっついて、体の各部分まで運ばれます。各部の細胞では酸素を消費して二酸化炭素を排出しているので、二酸化炭素の濃度が高くなっています。

そのような場所に行くと、ヘモグロビンは酸素を切り離して細胞に酸素を提供します。

 

しかし、呼吸しすぎると(浅く早く呼吸すると)、二酸化炭素が過剰に体外に排出されてしまい、血液中の二酸化炭素の濃度が下がります。

そうすると、酸素とヘモグロビンの粘着度が上昇して、ヘモグロビンは酸素を切り離さなくなる、すなわち、細胞に酸素が提供されなくなってしまうのです。

 細胞に酸素が足りなくなると、体は呼吸を更に増やして、大量の酸素を取り込もうとします。

しかしその結果、血液中の二酸化炭素の濃度がさらに下がって、ますます酸素が細胞に行かなくなるという、悪循環に陥ってしまうのです。
 

さらに悪いことには、二酸化炭素が少なくなると、体内がアルカリ性に傾きます。そうすると末梢にカルシウムが放出され、手足にしびれが来ます。これが過呼吸のメカニズムです。」(引用ここまで)

 

 

呼吸数が増える事により身体の外に二酸化酸素が過剰に排出されることにより、血液中の二酸化炭素が減ると、酸素とヘモグロビンの粘着度が上昇して細胞に酸素が行き渡らなくなる(細胞と血中を混同しないように注意)

 

この現象を緩和させる為に以前はペーパーバック法といって紙袋などを口に当てて二酸化炭素を再び体内に取り込み血液中の二酸化炭素の濃度を上げる方法が推奨されていました

 

しかし現在ではこの方法で二酸化炭素中毒になる場合や死亡例も報告されているので医療の現場でもこの方法はあまり勧められていないようです

 

どうしてもペーパーバック法を使いたいならビニール袋ではなく紙袋で、なおかつ紙袋に2〜3個の穴を開けて長時間は行わないように工夫するべきです(エルダ・カウンセリングではペーパーバック法はお勧めしていません)

 

 

パニック発作は大変苦しく、心臓の動悸や目眩、けいれんなどが起こる場合もあり、発作者は

 

「死の恐怖」

 

を感じることにより、さらに呼吸数が増大し、悪循環に陥ります

 

パニック障害の過呼吸を体験すると、手足が痺れたり、目の前がちかちかしたり、心臓の猛烈な動悸や発汗、震えなどが起こったりするので、

 

初めて発作を起こした人は猛烈な恐怖と不安を体験すると思われます

 

 

しかし前述の磯辺先生の著書によると、過呼吸による、細胞に運ばれる酸素の減少は、とても軽度なものだということです。それも、、、

 

人体にほとんど無害と言っていいぐらい、生命には全く別状はない!

 

とのことです

 

つまり身体に全てをお任せにして安静にしておけばやがて発作は収まるということです

 

いま現在パニック障害の発作にお悩みの方は今回の記事の情報をよく理解して安心して頂きたいと思います

 

なんだったら「あ〜発作起こってきたわ、ちょっと呼吸早くなってきたので二酸化炭素が体内で足りなくて、血液中の酸素が細胞に行き渡ってないんだな〜」

 

とか考えながら、むしろ身体の状態を冷静に観察してやろうくらいの気持ちでいてください

 

余裕があるなら呼吸数を浅く早くならないように

 

ひと呼吸だけでも

 

 

「ふ〜〜〜〜〜」

 

 

とゆっくり深く吐いて

 

 

呼吸をゆっくり大きくするようにしてみてください

 

 

でも無理は禁物

 

 

あんまり呼吸に意識を向けすぎると逆に呼吸が早くなってしまう場合もあるので。

 

 

何より大切なのは、磯部先生の言葉をしっかり思い出すこと

 

過呼吸による、細胞に運ばれる酸素の減少は、とても軽度なものだということ。それも、、、

人体にほとんど無害と言っていいぐらい、生命には全く別状はない!

 

このことを思い出してしっかり安心することです(*´∀`)

 

パニック障害の対応のコツ

①今回のブログ記事に書いたようなパニック障害の知識、情報を頭に叩き込んでおき、もし発作が起こりそうなときにこれを思い出すこと。そして多少症状が出たとしてもそれは取るに足らないものである事をしっかりと認識して安心する事

 ②もし余裕があるなら浅く早くなった呼吸をひと呼吸まずゆっくり深く吐いてみて、少しずつ呼吸のリズムをゆっくり深く日常のペースに戻すこと

 

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリング、催眠療法、自律訓練法の指導等にも対応します

コメントを書く







コメント内容


2015-08-22