エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

ブリーフ・セラピーの3原則

 

 

 

IMG_0773

 

 

ブリーフ・セラピーとは、カウンセリングの達人と言われたミルトン・エリクソン博士の治療実践に啓発をうけて作られた心理療法で、日本では「短期心理療法」などと訳されています。

 

 

ブリーフセラピーは、相談者の心の問題を

 

原因や過去の出来事に焦点を当てるよりも、

 

問題が解決している状態はどのような状態か(ゴールの設定)

 

そのような状態を創る為にいま何を為すべきか?

 

何が利用できるか?

 

といった、その人が持つ資源(リソースといいます)に焦点を当てる方法といえます

 
こういったアプローチは決してその人の過去を軽んじている訳ではありません
意識の焦点を過去や原因に当てすぎる事で、現在での活動がおろそかになったり、

 

過去の葛藤が解決できないとよりよい未来は訪れないという思い込みを変えていくねらいがあります

 

 

そのブリーフセラピーの原則も非常にシンプルですが、意識して生活に取り入れれば非常にパワフルな効果を発揮するものです

 
それは、、、

 
1「うまくいっているやり方はそのまま続けよう」

 

2「うまくいかないやり方は変えていこう」

 

3「うまくいかなかったなら、うまくいくまでいろいろなことを試してみよう」

 
といったものです

 
特に「うまくいかないやり方」に人は固執して何度も同じ失敗をすることが多いように思います

 

 

例えば、私は趣味でウェイト・トレーニング、特にベンチ・プレスという種目を長年やり続けていますが、一時期、記録が伸びなくなった時期がありました

 

過去のトレーニング日誌を見返すと、1年前の記録と現在の記録で全く進歩がないことに気づいて愕然としたことがあります

 

人はうまくいってなくても、惰性で「いつものやり方」にこだわってしまう悪い癖があります

 

結局、記録が全く伸びていないことに気づいたので別な種目を取り入れたり、扱う重量を軽めにして回数を多めにするなど、変化を持たせたらまた記録が少しずつ向上するようになりました

 

このようにブリーフ・セラピーの原則はシンプルですが人が陥りやすい行動の固定化、変化への抵抗性が問題を長引かせるということを強く意識させるところに特徴があります

 

 

普段は気付かず意識できにくてても私たちの心も身体も一日も一秒も留まる事なく変化を繰り返しています

 

 

昨日とは違う何か新しい行動ひとつがあなたの生活を変化させていくかもしれませんよ(*´∀`)

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。

沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリングにも対応します

コメントを書く







コメント内容


2014-09-07