エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

認知の歪み〜全か無か思考

 

人がうつ状態に陥ると特徴的な認知(現実の受け取り方、考え方)の傾向を持つといわれています

いくつかあるその中でも代表的なものに「全か無か思考」と呼ばれているものがあります

これは物事を極端な二分法で考えて、その中間を考慮しない考え方の事をいいます

少しでも嫌な事があれば「全て最悪」になってしまうし、物事の悪い面ばかりが目について良かった点が考慮されなくなるという事があります

ちょっとしたことで「何もかもおしまい」とか考えてしまいがちですし

実際はまだいろんな方法があるにもかかわらず「もう終わりだ」とか「打つ手がない」などと考え、他の方法を考慮したり、情報を探す事を諦めたりしてしまいます

このような認知の歪みを持ったまま何かの決断をしようとしてもなかなかうまくいかないことがあります

いくつかの心理療法ではこのような認知の歪みを修正する為の技法があります

認知療法では、このような、つい自分が陥ってしまいがちな考え方を紙に書かせて、これに対する別の考え方の可能性も紙に書き出していき、自分を苦しめる考え方の癖を自覚できるようにしていきます

ブリーフセラピーでは「例外探し」という方法をよく用います

これはうまくできなかった時の対処を改善するというやり方ではなく、自分がうまくできた時にはどういう条件がそろっていたかという事を考えさせます

こういう考え方をすると物事のポジティブな側面に目がいくし、うまくできていたときの条件を自覚する事で、さらに自分にとってベストな行動を取れる確率があがってきます

うつ状態が長く続いている時は本当に苦しいものです

でも調子が良い日はどういう条件が揃っていたかなと「ぼんやり考えるだけでも」少し気分が晴れてきますし、その条件がはっきり自覚できれば、意識的に良かった自分の行動を再び起こす事ができたり、そこからさらに、もっと良い行動選択をする機会も増やす事ができます

何かに追いつめられて、不安の固まりを抱えながら物事を選択していくことは辛い事ですし、そんな気持ちで事に当たってもうまくいかない事が多いです

①自分の考え方を紙に書き出してチェックする
②うまくいっているときの条件を考えてみる

比較的、簡単に自分で取り組めるセルフ心理療法です

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

コメント2件

  • waki | 2012.11.08 18:31

    僕は全か無かという思考に陥りやすいので
    ブログを読んで、とても納得しました。

    お気に入りに登録しました。

    ちょくちょく読ませていただきます。

  • eluda | 2012.11.08 19:14

    WAKIさん、初めまして(*´∀`)

    コメントありがとうございます。お役に立てる記事があったなら大変嬉しいです。

    またお気軽に遊びにいらしてください

    エルダ

コメントを書く







コメント内容


2012-09-28