エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

昔のファミコンと今のプレステ~行動パターンの多さの大切

 

 

昔ゲーセンで

 

ギャラクシアンとかゼビウス(昔のシューティングゲームです)

 

を、わざわざゲームセンターにやりに行ってたガキンチョのおいらにとって、ファミコンは夢のような機械でした(*´∀`)

 

img_274450_37476953_0.jpg

 

 

 

 

家にいながら「ゼビウス」「マッピー」「マリオ」「ドルアーガの塔」ができるなんてまさに至福でした♪

 

 

そして大人になっていつしかゲームもやらなくなって、、、

 

生意気にも東京で心理カウンセラーなんて目指して臨床心理学の勉強中の頃、

とある不登校の子どもの家庭教師をやっておりました

 

 

その子はず~っと家に引きこもってゲームばかりやっていました。

 

 

私は親御さんからその話を聞いて、昔のゲーセン小僧だった頃の血が騒ぎ、

 

「よっしゃ~!いっちょもんだるかーー!!」ぐらいの勢いで、その子の家に行ってゲーム対戦したのですが………..

 

 

 

 

 

 

軽く袋叩きにあいましたよ。ええ(;・∀・)

 

だって今のゲーム機、コントローラーこんなんなってますもん(;゚д゚)

PSPadp.jpg

 

 

うちらの時代、これですよ。。。。
1.jpg

なんかもうスペックが………

 

 

とにかくゲームの世界でも

スポーツの世界でも

ダンスの世界でも

技術の進化はめまぐるしく技のバリエーションも何かもアウトプットの方法はその数と質を増大してきています

 

 

 

ダンスの世界だってウィンドミル(背中を床についてグルグル回る技)

回れればOKだったのが、

 

今はエアートラックス(空中に一瞬浮きながら回転する大技)

でさえ当たり前の時代です

 

 

 

こういった進化が良い悪いかは別にして、、、

 

 

「いろいろな方法を知っていて、それを使える」というのは、「その生物の生命力そのもの」といっても過言ではないと思っています

 

 

天変地異が起きた時に、

 

ただ歩き回るしか行動パターンの無い人と

 

様々なサバイバル技術を見に付けた人

 

とでは生存確率が天と地ほども違います

 

 

 

これを日常生活で人が行き詰まった時や

うつ病でネガティブな思考しか思い浮かばない精神状態に置き換えてみると、、、

 

その行き詰まった人の日常生活の行動パターンがほんの数個しかないという場合があります

 

 

ある休日、起きて、

朝ご飯食べて、

テレビ見て、

昼寝して、

あの仕事やらなきゃな、とか思いつつ、

あまりいい方法が思いつかず、

ネガティブ思考の無限ループに陥ってるうちに大分時間が過ぎて、

後はネットやテレビで時間をつぶして一日が終わる。。。。

 

何かやらないと、と漠然と焦りを感じているが、どうも良い方法が思い浮かばない、具体的に何をすればいいのやら、、、という状態です

 

 

このネガティブ思考の停滞状態は行動パターンの少なさから生じていると私は考えてます

 

行動パターンの少なさはいざという時に行き詰まりを招きやすいリスクを増大させます

 

じゃあどうすれば行動パターンを増やす事ができるかというと

 

まず第1に情報検索!

 

とにかくまずは情報検索!

 

インターネットや様々な検索機関(図書館、市役所、ハローワーク、情報カフェ)使って情報検索しまくって集めた情報を取捨選択していくことです

 

そして第2段階がその情報を身体を動かして実際に確かめてみる事です

 

誰でもやってることのようですが、実はできてないことが多いです

 

もっとも重要な情報を検索できてなかったり、

 

情報を知っていてもめんどくさがってその情報を活用するのを怠っていたりします

おいらがそうですから!←おいっ(;´Д`)

 

 

 

例えば商売やろうという人が様々な国や地方から出ている有利な助成金の情報を検索できてなかったとしたら、それだけで大きなリスクやマイナススタートになってしまいますよね

 

 

ファミコンのコントローラーみたいにAボタンとBボタンしか行動パターンが無いのであれば、

 

人生を生き抜いていくことは厳しい。何か状況が変わった時に対応できなくてあわててしまいます

 

 

プレステくらいボタンがあっても、もしかしたらまだ足りないかも。。。

 

 

人間は本当は無限の行動パターンを与えられてるんだから、何かにこだわって同じ景色ばかりを見て過ごすのは少しもったいない気がします

 

 

 

 

 

……………とはいえ、私はあの2個しかないボタンを見ると何だかとても安心してしまうんですよね~(;´∀`)

 

 

「これから厳しい時代が来るからもっとがんばらないといけない!頑張らないと!頑張らないと!」

 

なんて連呼されるとうんざりしますよね

 

 

子供の頃、ワクワクしながらファミコンをやっていたときみたいに

 

楽しみながら自分をドキドキワクワクさせてくれる情報を検索して、

 

ビジョンが見えたらワクワクした気持ちを持って身体ごとそこに飛び込んでみればいいんだと思います(´∀`)

 

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。

沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリング、催眠療法にも対応します

 

コメントを書く







コメント内容


2014-04-09