エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

森田療法の哲学

 

60b4d438

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真と本文は何の関係もございません)
日本の精神科医・森田正馬(まさたけ)が作った心理療法に森田療法というものがあります。

 


これは日本の禅の思想にも強く影響を受けています

 

森田療法では神経症やうつ病の症状を人として当たり前に起こる感情からそれらが起こっているのであって、その除去にことさらに力を入れることはしません

 

症状をあるがままに起こるものとして認めて、日々の生活を送る事を第一義とします
つまり
「症状があってもいいではないか。不安なり憂鬱感なりを取り除くのではなく、それらを抱えたままでもしっかり一日を生きればそれで良い」

というスタンスなんですね
だから対人不安があって人前だと緊張したり赤面したりする方に、赤面しないようにあれこれ指導するのではなく、赤面して声が震えていても

 

やるべき仕事こなせていたらそれで良しと指導します
症状抱えていてもそれで良いんだっていう考え方に救われる方も多いようです

 

誰でも自分のみっともない姿は人には見せたくないし、人前で赤面したり、声が震えたり、といった症状がある方ですと、そういう思いはなおさらかもしれません

でも理想の姿とは遠くかけ離れた今のありのままの自分を「それで良し」と認める心構えこそ大切なのかもしれませんね

 

以前、とあるテレビ番組で長年、引きこもってニートであった年配男性が就職するまでのドキュメンタリーが放送されていました

 

その方は外の世界にでるということに大変な不安を抱えられていましたが、勇気を持って就職に挑戦します

 

その出社一日目に、自分よりずっと年齢が若い先輩社員たちの前で自分が長年引きこもっていて、社会経験がなく、これからご迷惑をかけるかもしれないがよろしく指導してほしい旨をお話しされているのを聞いて、とても心動かされるものがありました

 

自分のあるがままの姿を自分が認めて、他人に対してそれを取り繕わない

 

簡単なようでとても難しいことですが、そういう考えを身につければ人はもっと自由に生きることができるでしょうね(*´∀`) 

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。

沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリングにも対応します

コメントを書く







コメント内容


2015-01-11