エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

筋膜リリースのスゴすぎる効果〜医学界のシンデレラ

 

 

 

IMG_2078

 

 

私はライフワークとしてずっとハタ・ヨガの練習に取り組んでいます。

 

もともと身体が柔らかい訳ではないのですが、それだからこそ逆に 「柔かくて自由に動く身体作り」というのは人生の永遠のテーマです。

 

その目標を実現させる為に昨年は解剖学の知識を改めて徹底的に勉強し直しました。

 

 

ストレッチ法もありとあらゆるものを試したと思います。

 

その中で柔軟性の向上やトリガーポイント(身体の痛むポイント)の除去に 、他の追随を許さないくらいぶっちぎりで効果があったものが

「筋膜リリース・メソッド」です。

 

テレビで紹介されたこともあり、筋膜リリースは今でこそ多くの人に周知されるようになりましたが、その本質的なことはまだ充分には知られていない気がします。

 

本当の専門的な筋膜リリースは、よほど勉強している理学療法士でないと充分に使いこなせないと思います。

 

筋膜は筋肉を包んでいる薄い膜でコラーゲン繊維とエラスチン繊維からできています。

 

この筋膜が筋肉を包み覆い被さっている訳ですが、これが何らかの原因で筋肉に張り付いて固まってしまうと筋肉の動きを制限するばかりか、場合によってはトリガーポイントとなり痛みまで発生するようになります。

 

その癒着した筋膜を筋肉からはがして筋肉の動きの自由度を上げると、柔軟性が著しく向上します。

 

また今まで慢性の筋肉痛や肉離れと思っていた症状の原因が実は筋肉ではなく筋膜であることも多く、その場合、短期間治療をしただけでトリガーポイントの痛みが著しく減少することさえあります。

 

医学界では今まであまり見向きもされてこなかった筋膜というものが実は筋肉の動きや人体全体の構造に深く影響を与えていて、様々な慢性疼痛の原因にもなっており、その治療をすることで多くの痛みが消失することから「医学界のシンデレラ」とまで呼ばれています。

 

実際、肩こり痛の原因の殆どは筋膜由来のものと考えて良さそうです。(あまりに治療エビデンスが高いため)

 

よく勉強した優秀な理学療法士が使う筋膜リリースはここでの説明はしません。言葉で説明してもうまく使いこなせないからです。

 

ですが筋膜について素人の方にも気軽にその効果を実感できる器具として「グリッドフォムローラー」という器具の紹介をします。

img_3161

 

私はこういった器具の効果はすぐに信用しないタイプですが、実際に何ヶ月か使ってみて、理学療法士が使う筋膜リリースほどではないが、それでも充分な効果を確認する事ができました。

私は「アスリートタイプ」というやや硬質のグリッドを購入して使っていますが、初心者の方は通常バージョンの柔らかめのグリッドを購入されることをお勧めします!硬さになれるのに大分時間がかかりました。柔らかい通常バージョンの方がお勧めです。

 

 

ヨガで最も重要な部位といっても過言ではないハムストリング群(ももの裏側)

 

ここをグリッドフォームローラーで圧迫しながらローリングしたり、

 

圧迫しながらフリクションといって横にこする刺激をくわえる事で、筋肉に癒着した筋膜を少しずつ徐々にはがしていきます。

 

なぜ圧迫を加えるかというと、圧迫することで筋肉の表面を包んでいる筋膜を抑え、その上でその下にある筋肉を動かしてやることで、癒着している筋膜と筋肉をはがしてやるというのが主目的となっています。なのでただ単純に筋肉をマッサージするのとは大きく目的が違います。

 

何週間か続けて、ハムストリングの筋膜をリリースすると劇的に前屈がやりやすくなります。

 

同様に薄筋(ももの内股の筋肉)の筋膜をリリースしてあげると、開脚がやりやすくなります。

 

IMG_2080 

 

 

 

 

 

 

こういったメソッドはぜひ多くの人が活用して柔らかい気持ちのいい身体を作ってほしいと思います。

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。

お気軽にお問い合わせください。

 

コメントを書く







コメント内容


2017-04-07