エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

臨床心理士が前世療法を受けてみた③

 

IMG_0937_convert_20130810172815

 

 

 

 

 

 

前回からの続き

 

I先生はさらに催眠の学術的な説明を穏やかに流暢に語りながら、私を寝椅子へと誘導します

 

この説明をしていく時間もしっかり取ってインフォームドコンセントしていくことが催眠を深める過程で重要です

 

 

寝椅子に腰を下ろすとI先生は私の肩に手をかけて呼吸のリズムに合わせて私の身体を揺らしていきます

 

何回か呼吸に合わせて身体を揺らしたあと深い呼吸とともに私の身体を寝椅子に横たえさせます

 

完全にリラックスして非常に心地よい感覚です

 

 

そのあと、先生は金貨のイメージやペンライトを使った暗示、私の身体の動きを使った暗示で私の意識レベルを深い催眠のレベルまで誘導していきます

 

 

ここらへんからはI先生の独自の誘導法になるので細かい詳細な説明は省かせていただき、簡単な概略のみを記述します

 

 

I先生は私の指の動きでイエスかノーを伝えさせる質問形式で私の心に浮かぶイメージを探る方法を用います

 

これは催眠が深まった人が喋るのがおっくうになってしまったり、なかなか喋れなかったりする人が多いからという理由によります

 

実際、私の身体はこの時点でかなりリッラクスも集中も深まっており、

 

身体は自律訓練法の重感暗示や温感暗示が深まったような状態で、手足は重く暖かくなっており、

 

まるで寝椅子にぴったりとくっついてしまったような感じで、皮膚と寝椅子の境目も曖昧になってしまい、とても心地の良い状態でした

 

そして喋るのは確かにおっくうで喋ろうと思えば喋れるが、このままだらーっと身を任せているのが楽といった感じでした

 

意識状態は、他者の言葉に身を任せてきたので少しぽーっとしてまどろみのような感じですが、

 

しっかり自分で自分の意識も身体感覚も観察している自分(心理学ではメタ認知という)がいて、

 

決して全て言いなりになってしまうような感じではありません

 

意識的に相手の言葉にお任せしているといった感じでしょうか

 

先生はこの自分で自分を観察している「メタ認知」のことを「モニター意識」と仰っていました

 

そして先生は私に意識が深いトランス状態にまで到達したかどうかを質問して私の指の動きを待ちます(イエスかノーを探るため)

 

私も深いトランス状態というのがどういうものか分からないので、自分の指の動きに身を任せる事にしました

 

しかしこの指の動きを使って質問に答えるというやり方が私にはあまり合わなかったかもしれません。

 

私は長い事、自律訓練法や気功、呼吸法といったワークを自分で練習してきていたのでI先生に誘導されると、一気にリラックス状態に入ってしまったのですが、

 

身体がリラックスしすぎて寝椅子にぴったり張り付いたようになっていて

 

指1本も動かすのがおっくうというくらいにリラックスしていました(;´∀`)笑

 

先生の質問にあまり指が反応しないので先生も少し戸惑われたように思います

 

もちろん眠ってしまった訳ではなく意識はまどろんでいるけどきちんと自己観察はできています

 

いま考えると口で答えれば良かったかな、とも思いますが、自分の中でもまだ催眠状態が深まってないなと感じており

 

もう少し誘導を繰り返して催眠が深まるのを待ってほしいなという気持ちが相反していました

 

ここら辺のさじ加減を口で説明しづらいことで、いろいろ考えてしまい、少し私の意識が覚醒してきたように感じました

 

最初から催眠状態が深まらなかったら、誘導を続けて深化させるように合図を決めておけばよかったと思いました

 

このまま誘導に身を任せていても催眠状態が深まる感じがしなかったので、意識的に少し指を動かして、イエスの意思表示をして、次のステップに進む事にしました

 

 

続く

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリング、催眠療法、自律訓練法の指導等にも対応します

 
ランキングにクリックお願いしま〜す
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

コメントを書く







コメント内容


2013-08-11