エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

臨床心理士が前世療法を受けてみた⑤考察〜催眠深度

 

 

前回からの続き

 

I先生とのセッションを終えて、セッションの感想などお伝えして終結とした。

 

 

久しぶりの催眠体験であったが、当初の目標としていた前世のイメージがはっきりと浮かぶような深い催眠体験ではなく、曖昧なイメージであった

 

 

それでもそのイメージ体験はこれからの自分の人生や臨床活動にいろいろな示唆を与えてくれるものではあった

 

 

 

 

①催眠深度について

一般に催眠は身体の運動や感覚のコントロールに関する暗示は成功しやすく、記憶や感情、性格のコントロールに関するものは成功率が低いといわれている

 

私は長年、気功や自律訓練法など

 

 

身体感覚をコントロールするイメージ・トレーニングや催眠体験を

 

 

自分で継続的に練習してきたので、

 

今回の催眠のセッションでも、身体感覚に関する暗示にはものすごく反応が出た

 

 

I先生とのセッションで最初の後倒暗示にもすぐに身体が反応したし、

 

極めつけは手がくっつく暗示では全く自分で動かしている意識はないのに手が勝手に動いて(そのように感じられて)磁石でくっつくようにぴったりくっついてしまった

 

その後、ソファで安静姿勢に入ってからも自律訓練法でいう重感、温感が強く出ていて、身体がソファに張り付いたように重く温かくリラックスしており、それは気持ちの良い体験でした

 

しかし逆を言えば身体の感覚に意識が集中し過ぎいて、

 

 

次のステップで、意識を「身体感覚」から「過去の記憶」に向けていくところが、

 

いつまでも身体感覚に集中し過ぎてうまく切り替えができなかなったように見受けられる

 

 

②暗示による誘導法と被催眠者の相性

 

 

今回のセッションの目的、

 

 

催眠体験を深める、

 

そして過去の記憶、もし前世の記憶というものが思い浮かぶのであれあば、それを探るというものであった。

 

今回のセッションではI先生はコインを使ったイメージ体験で私の催眠深度を深めていった

(どのような暗示かはここでは詳細は省きます)

 

ですが、この暗示は私にはあまり合わなかったようです

 

何かの物に置き換えた暗示より、

 

年齢事のエピソード記憶を語らせるという方法で、

 

意識を過去の体験の記憶に向けていき、

 

 

順次年齢を下げていくというやり方のほうが私には合っていたのではないかと思う

 

 

これは個々のカウンセラー、心理療法家の持つ技法と被催眠者の相性なのでどちらが良い悪いはないです

 

 

今回は中程度の催眠深度のまま、

 

 

次のステップ

 

 

前世のイメージの想起、思い出しに移ったので、それほど深いイメージ体験は出て来ず、

 

 

何となくそういうイメージが浮かんだ程度のイメージ体験であった

 

 

③深い催眠深度に入るには?

 

深い催眠状態というものの捉え方でさえ研究者の間で一致している訳ではないようです。

 

今回の私の目標のひとつ

 

もし仮に前世というものがあったとして、その記憶を確信や臨場感を伴った「記憶」として思い出せるような

催眠体験というものがあるならそれを体験、観察する

 

というものでした

 

残念ながら、今回の催眠のセッションはそれからはほど遠いものでしたが、これは私の今回の催眠セッションがそうであったということだけの話です

 

催眠というものに練習効果があり、ある程度習熟しないと様々な催眠体験が成功しないことがわかっています

 

おそらく本当に深い催眠に入れる人の割合は相当少ないと思われます

 

より効果的な誘導法が深い催眠体験には必須だと思いました

 

また被催眠者が自宅でも気軽に練習できるような自己催眠のカリキュラムなども必要だと考えます

 

いろいろなアイデアを刺激するセッションをしてくださったI先生に感謝です

 

 

岐阜の先生のご自宅を出て、名古屋に帰る途中で名古屋に帰ったら何を食べようかで私の頭はいっぱいだった(*´ω`)

 

 

続く

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリング、催眠療法、自律訓練法の指導等にも対応します
ランキングにクリックお願いしま〜す(*´∀`)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

コメントを書く







コメント内容


2013-08-30