エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

蓮華座(パドマアーサナ)の組み方

 

先日ある方から蓮華座(パドマアーサナ)が組めないんだけど、どうやればいいの?という質問をされました。

 

 

蓮華座は座禅の世界では結跏趺坐(けっかふざ)と呼ばれ、両足を両のももの上に置いた座禅の時に組む姿勢のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなやつですねー。。。。。

 

 

私に質問をした方はかなり長い期間、ヨガの練習をしていて身体は柔らかくなったけどなぜかパドマアーサナだけが組めないとのことでした。

 

いろいろその時の姿勢を見させて頂いたら、股関節が外旋できてないことが原因だと分かりました。

 

股関節の外旋というのは立った姿勢の時に足が逆八の字になってるとして、さらに足が一直線になるように股関節を外側にねじる動きのことです。

 

股関節が十分に外旋できないまま無理にこのポーズを取ろうとすると膝関節に無理な力が加わって痛めることになります。

だから無理に蓮華座の練習をするより、代わりに股関節の外旋運動の練習と外転(股関節を横に開く動き)の練習を主にしてもらうようにアドバイスしました。

 

わかりやすく言うと開脚前屈を膝と足首がしっかり上を向く(これが股関節の外旋運動になります)ように練習することです。

 

そうすると自然と蓮華座も組みやすくなっていきます。

 

うん。。。

 

 

文字じゃ全然伝わりませんね(笑!

 

 

 

なので3月に、また「開脚ストレッチ講座」を行うことにしました!

 

 

日時、会場など決まったらまたこのブログで告知しますので興味のある方はぜひ!

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。

お気軽にお問い合わせください。

 

コメントを書く







コメント内容


2018-02-28