エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

蜂球(ほうきゅう)の話

 

 

以前テレビで「みつばち」の特集をやっていました

昆虫の生態などを紹介していて面白かったので見ていましたら、ミツバチの天敵はスズメバチで時には数匹のスズメバチに全滅させられる事もあるらしいです

しかしミツバチたちもただやられている訳ではなくスズメバチに対抗する為に様々な対策を編み出していました

 

 

大勢でお尻を同時に振ることで一つの巨大な生き物に見せかけて牽制する技術や

極め付けは

 

蜂球(ほうきゅう)
と呼ばれるミツバチの集合体の中にスズメバチを取り込んでやっつけてしまうという技術

ph05.jpg

スズメバチは蜂球の中で息絶えてしまうのですが、

 

その死因は熱死というのもまた驚きでした

 

 
蜂球の中でミツバチ達は20分間で48℃前後の熱を発生させるそうです。

 

取り囲まれたスズメバチは上限致死温度が45°Cであるために耐えられずに死んでしまうそうです。

 

ミツバチは上限致死温度が50℃前後であるため死ぬことはないそうですが、それでもダメージが無い訳ではないでしょう。身を切るようなぎりぎりの策ですよね
生き物のこういう話を聞くたびに自然というものの過酷さと生きることの尊さを教えてもらった気持ちになります

 

ミツバチもスズメバチも過酷な生存競争の中で息絶えても「ああだ、こうだ」って人間のようにいい訳も文句の一つも言わず、ただあるがままを受け入れて流れに身を任せているように感じます

私はちょっと何か辛い事があるとぶーぶー文句を言ったり、つい愚痴がでてしまうのですが、、、、(;´Д`)

人間が他の生き物から学ぶべき事はもっと多くあるように感じます

いろいろと動物の生態について勉強してみると、人間が生きるということにも何か大事な示唆を得られる場合もあります

 

 

動物研究、、、、オススメですよ(*´∀`)

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。

沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリング、催眠療法にも対応します

コメント2件

  • kazu | 2014.05.22 22:09

    蜂球、私もどこかで知りました。すごいですね。

    私も何かある度に文句や愚痴ばかり頭に出てきたり、言い訳の理屈をつけて尻込みしたり、よくやってしまいます。

    見習わないといけませんね。。

  • eluda | 2014.05.23 11:22

    >KAZUさん
    そうですね(;´∀`)私も含め人間は自然と言い訳や愚痴が出てきてしまいますよね。

    しかし蜂球のことを知ったときはそのメカニズムにびっくりしました。

コメントを書く







コメント内容


2014-05-19