エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

催眠療法

催眠療法

催眠というのは人為的に引き起こされた意識の変容状態のことをいいます。様々な点で睡眠に似てはいますが睡眠とは異なる意識状態です。
言葉による誘導に反応しやすい状態で、覚醒している状態より運動・知覚・思考などの変容が容易に引き起こされやすい状態といえます。こうした意識状態の事を変性意識状態(トランス状態)と呼びます。
催眠療法は積極的にこうしたトランス状態を治療や問題解決に役立てる療法です。

よくある誤解ですが催眠とは被催眠者が自分の心の力、五感のコントロールにより、自らをそういう状態に誘導していくものです。
催眠者(誘導をする者)は被催眠者が自分の力で意識変容するのをサポートするのであって、テレビの催眠術ショーのように決して催眠者の言いなりのロボットのようになることはありません。

被催眠者が納得のいかない暗示の言葉かけをした時点で意識が醒めてしまうからです。

 

実際の催眠療法には様々な方法があります。それぞれの問題や現状に合わせて最もクライエント様の助けになる催眠療法をオーダーメイドでカスタムしていきます。(一方的に一つの療法を押し付ける事はありません)

現在、無店舗営業のため催眠療法は行っておらず、スカイプでの通常のカウンセリングがメインとなります。大変申し訳ありません。

 

メンタル・リハーサル

言葉による暗示の誘導をして軽い催眠(覚醒している)の状態で行なうイメージ療法です。メンタル・リハーサルと呼ばれる、イメージ・トレーニングを用い、緊張する場面や苦手な状況の中でも理想のパフォーマンスができている自分をイメージ体験させます。

またネガティブな考え方や記憶に影響されすぎの場合、イメージしづらいポジティブな状態のセルフイメージをしっかりとメンタルリハーサルの中で体験する事により、新たな自分イメージの獲得をサポートする事もできます。

また普段の自分とは違う考え方や新しい行動を行なう時のよりリアルな予行演習なども行なえます。最も簡単で安全な療法でありながら非常にパワフルに作用する療法でもあります。

また繰り返しこの療法を受けているうちに、習熟して自分1人でも行なう事が可能となります。応用範囲が広く様々な場面でも用いやすい療法です。

自律訓練法

深い催眠状態に入りやすい被験者にはある特徴的な身体感覚が共通して起こっている事をシュルツ博士が報告しています。それは自分の腕や脚が極限までリラックスすることにより感じる「重感」や、そのことにより血流量が増す事による「温感」です。シュルツ博士はこれらの特徴を最初から被験者が自分で自分に暗示をかけることにより作る為の方法として「自律訓練法」を作りました。
これは自宅で自分1人でもトレーニングが可能な方法ですが、他者に暗示をかけてもらう他者催眠で自律訓練法を練習するとより上達の度合いが上がります。より深い変性意識状態に自分で自在に入る事で2ヶ月ほどの訓練で自分で自分の気持ちを快活な状態に持っていけるようになった報告もあります。