エルダ・カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法|スカイプ・カウンセリングin沖縄、東京

臨床心理士によるスカイプカウンセリングです。認知行動療法、催眠療法を行ないます。ヨガの指導も行ないます。

カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法 カウンセリング|認知行動療法|催眠療法|ヨガ|呼吸法

プロフィール

沖縄・カウンセリング
沖縄出身。大学で上京。東京で10年あまり過ごす。
大学院の心理学部で気功・催眠の研究。その後、臨床心理士の資格を取得して都内でカウンセラーとして勤務。平行してヨガの練習を続ける。都内の公立学校でヨガのワークショップを行う。

帰沖後は県内の機関でカウンセラーとして働きながらオリジナルのカウンセリングとヨガの開発に取り組んでいる。
趣味はヨガ・気功、ブレイクダンス、ウェイト・トレーニング。

skypeオンライン状態

Skype Me™!

ツイッター

カテゴリ

アーカイブ

NHKスペシャル「ここまで来た!うつ病治療〜認知行動療法、ニューロフィードバック」

 

認知行動療法とは、簡単に説明すると、
「うつ病のときに陥りがちな極端な認知や考え方の歪み、扁桃体の暴走による嫌な感情や記憶を、論理的な考え方や行動の仕方をトレーニングによって身につける事によって低減させていく治療法」
といえます。
近年、脳機能科学が進歩した事もあり、この認知行動療法がどのように脳に作用して、効果が生じるのかが科学的に分かるようになりました。

 

キーワードは、

自分の脳活動を客観的に観察すること

です。

 

 

アメリカ・ピッツバーグ大学の脳科学者グレッグ・シーゲル准教授はユニークな認知行動療法の研究を行っています

 

それは患者がある一定期間、認知行動療法を受けて、そのときの脳のスキャン画像を精神科医やカウンセラーと確認しながらケース・カンファレンスに参加するというものです

 

b9dce60daf11e6f105e3b90629f71a34

 

 

 

 

 

 

患者は自分の脳の活動のデータを見ながらカンファレンスに参加します

 

治療前にはネガティブな質問をされたときに扁桃体が暴走を示す赤色に変化し、不安や悲しみの感情に支配されていたのが、

 

治療の後にはネガティブな質問をされても、赤色が表示されず、悲観的な考えを自分で打ち消すことができるようになっていました

 

そういう客観的なデータを実際に目で確認することにより患者のセルフ・コントロール能力がスキルとして身に付いていくのです

 

 

またアメリカのオクラホマ州にあるローリエット研究所で行なわれているニューロフィードバックという方法はうつ病の予防に対する効果が期待されています

 

fMRI(機能的磁気共鳴画像機)に入った患者はリアルタイムに自分の脳のデータを確認します

 

321502be683d06063d162ab984acd471

 

 

 

 

 

 

この装置の中で被験者はモニターを眺め、自分の脳のスキャン画像を確認しています。

そこには脳が幸福感を感じると赤いバーが伸びるように画面が設定されてあります

 

そして研究者が被験者に

「ハッピーという字が画面に出たらできるだけ幸せな出来事を思い出してください」

と教示します

 

被験者がそのように思考すると赤いバーが伸びたり伸びなかったりします

 

被験者はどのようなことを考えた時に幸福感を感じて赤いバーが伸びていくかを

 

客観的に数値化され、可視化されたバーの伸びを通して確認する事ができます

 

このようなトレーニングを続けていくと被験者はやがて

自由にバーを動かす事ができるようになる

といいます

 

これはつまり被験者が自分の感情を自分でコントロールができるようになったということなのです

 

このように自分の脳の活動を自分で観察しながらコントロールする、このような方法は

 

「ニューロ・フィードバック」

 

と呼ばれ、いま研究者たちの間で注目されています

 

 

いささか人間心理の複雑な機微を無視して単純化しすぎていると感じないこともないですが、、、、

 

自分の心のわずかな動きがはっきりと脳の電気活動として物理的な反応として示され、

それらが脳の様々な部位の血流の増減によって確認できる時代になった

ということが画期的な進歩だと思います

 

 

人間の心は

脳の状態によって、影響を受けるし、

また逆に心の状態によって脳も影響を受けます

 

 

薬物療法や磁気療法は、脳にアプローチすることによって、心が感じている抑うつ気分をコントロールする方法

 

認知行動療法やニューロ・フィードバックは考え方や思考方法や行動を訓練することにより脳に影響を与え気分を改善する方法だといえます

 

 

これら二つを患者の状態や状況に合わせて最適にカスタマイズする精神医療がこれからの新しい精神医療になるかもしれません

 

 

臨床心理士によるスカイプ・カウンセリングを行なっています。沖縄県内在住の方であれば出張してのカウンセリングにも対応します

コメントを書く







コメント内容


2015-09-03